イクシーの想い

ずっと考えてたんです。
自分には何ができるのか?
会社としてどんな存在になれるのかって?

小さな建築会社がそんなこと考えるのはおかしいですかね?

おかげさまでイクシージャパンは設計施工のリノベーション専門会社として9年間なんとかやってこれました。
一般のお客様だけでなく、マンションオーナーさん、お店のオーナーさん、不動産屋さんとたくさんの出会いがあり
物件数だけでいうと900件以上のお仕事をさせていただきました。

それで今年10年を迎えるとなって改めて考えてみたんです。
建築の本質とは何か?
リノベーションすることで人は幸せになれるのかって?
(今でもまだリフォームの大きいやつなんてことを言われたりしますけどね)
で、やっぱり人の住む空間をつくるということはとても深くて難しいなぁと日々思うんですね。

どんなに素晴らしくてカッコイイ空間であっても住む人や使う人が幸せじゃなければただのハコでしかないですし
僕たちは住むための空間だけではなく、その先の暮らしや幸せに感じる時間を売っているのかな、なんて…

人が幸せになれるのかなんて考えるのは大げさだと思いますけどね。

でも、本当に真面目に考えているんです。
例えばお客様が頑張ってローンを組んで新しい家を手に入れたからといっていきなり幸せになるわけではないですよね。
お店なら出来上がった時があくまで商売を始めるスタートであってそこが完成ではないんですよね。

家もお店も幸せになるための道具であり
主役はそこで住む人でありその場所を使う人なんだと。

「そんなことは分かってる」って言われそうですよね。
でも、皆さん実際に家をつくる時、お店をつくる時って忘れてしまっている気がするんです。

お金のこと、家族のこと、仕事のこと、いっぱい考えなくてはいけなくて
せっかくの休日なのに毎週設計士さんや工務店さんと打合せして
知らないことばかりで、何を基準に選べばいいのかもはっきりしないまま、
決断しなくてはいけないことが多すぎて
何のために家をつくっているのかいつのまにか分からなくなる
普段冷静な時なら分かっているのにね…

そもそも、自分の価値観とか?
自分にとって良い空間がどういうものなのか?
自分がどんな空間にいる時に幸せを感じるか?
なんてことを理解している人って意外と少ないように感じます。

普段はお仕事や家事、子育てで忙しくて、そんなことゆっくり考えているヒマなんてないのかもしれませんね。

でも、自分を知ることってすごく重要なことなんです。
何かを決める時に自分の軸や基準がなければ決められないですよね。

壁ひとつとってみてもクロスにするのか、塗装にするのか、塗り壁にするのか?それとも、タイルを貼るのか?木を貼るのか?色は何色にするのか?
コストとの兼ね合いはどうか?などなど決断しなくてはいけないことだらけ。
素人だし分からないからだんだん面倒くさくなっちゃって、奥さんに丸投げしたり、建築士やデザイナーに任せてしまったなんてことよく聞きませんか?

もちろんプロを信頼して任すことも一つの方法だし、そのほうが良いものが出来ることもあります。

でもね、もうそんな時代は終わりじゃないかと思うんです。
家はプロがつくって売る、そしてお客様がお金をだして買うというそんな「普通のモノを売り買いするような関係」ではなく
「自分らしい暮らしをするための空間を共につくる関係」に変わってきているのかなって思うんです。

いや、むしろお客様が主導権を持って自ら積極的につくる時代なのかもしれません。
昔みたいに情報がない時代でもなく、ネットやホームセンターでほとんどのものが手に入る時代です。
そもそも、何十年も住む自分の家を、業者任せにするしかない日本の家づくりはおかしいですよね?

人は本来自分の行動は自分で選択したいという欲求を持ち合わせています。
自分がどう過ごしたいのか?どう生きたいのか?ということを
自らが責任を持って判断する時代じゃないかなって思うんです。

じゃあ、そんな時代にイクシージャパンができることって何?って考えると、
お客様の「想いを整えて、自分らしい暮らしを見つけてもらうこと」なのかなって思うんです

えっ?建築会社なんだから設計や施工じゃないのかって?
もちろん、設計から施工まで一貫しておこなうデザインビルド方式が弊社の特徴です。
最終的なクオリティーやコストにこだわるとどうしても設計デザインと施工の両方が必要になってきます。
でも、それは建築会社として当然のこと。

それよりまず、みなさんに家づくりはこんなに楽しいものなんだということを知ってもらいたいんですね。

そのためにイクシーでは暮らしづくりを提案する「建築カタリスト」がいるんです。

自分にあった住まいづくりって?自分らしい家づくりっていわれても?
いったいどこから何を始めたらいいのか全然わからない…

そんなお客様のために建築カタリストが時にはあなたの一番そばにいる建築専門家として、
時にはあなたの大事な家を守るボディーガードとして、
またある時には家づくりという大きな山を共に登るガイドとして。

コンサルティングやセミナー・イベントを通じてお客様が納得のいく答えをお客様自身の中に見つけていく手助けを致します。
ちょっとユニークでしょ。

家づくりは積極的に参加すれば生活がもっと楽しくなるし、生活が楽しくなれば暮らしが楽しくなります。
最終的にはお客様自身が自分の家をどんどん育てていけるようになることが理想かな。

そう、かっこよく言えば、時間を楽しみ、手を加えながら家と共に成長できる暮らしかたを提案したいんです。
そしてまた思うんですよね。
小さな会社だからこそできること、僕たちだからこそできることってなんなんだろうって…

イクシーはリノベーションを通して心豊かな暮らしを実現することを理念としています。
そして、本当のリノベーションは人を幸せにできると本気で考えてるんです。

でも、まだまだ世の中にはリフォームの大きいものや、おしゃれなだけのデザインをリノベーションだと思っている人がたくさんいるんですよね。
リノベーションは価値を上げることが本質で、物件の価値をあげ、そこに住まう人の生活自体を向上させることが目的なのにね。

もう、今までのように業者にとって都合のいい新築物件や、表面的にキレイなリフォームをしただけの割高な物件を購入させられ、住宅ローンに縛られて生きていくような、
人が家に合わせて暮らす不自由な人生はもう終わりなんじゃないかな。

これからは家を将来の資産にするために勉強して自分の頭でちゃんと考え、信頼できるプロに協力してもらいながらムリのない範囲で中古物件を購入し、
本当のリノベーションをすることにより、自分の身の丈にあった、自分らしい上質で快適な生活を手に入れることができる素晴らしい時代だと思うんですよね。

昔から日本人がもっている美意識の「不足の美」に近い感じかな。
足りないものをムリに得ようとするんじゃなくて、足りないことを理解し、自分の生き方や考え方を磨くことで得られる心や価値観みたいなね…
そんな心持ちで生きていけることこそが「本当の豊かさ」なんじゃないかなって思うわけです。

自らの力で自分らしい暮らしを手に入れ、心の豊かさを手に入れることでしか、もう日本の暮らしは良くならないし。
これからの時代、そんな人たちが一日一日を大切に楽しみながら心豊かに生きていくことができるんだと思うんです。

家は心豊かな暮らしを支えるためのツールであり、あなたの人生を輝かせる表現手段でなければならないんです。
暮らしの中にこそ、普通の生活の中にこそ本当の豊かさはあるんですよね。

見た目やモノに豊かさを求めるのではなく
普段の生活や人の心に豊かさを求め、それを深めていくこと。
そんな考え方や価値観に共感してくれるお客様と僕たちは一緒に生きていきたい。

本当の豊かさとは何かを一緒に考え、答えのない答えをお客様と一緒に考えていく。
人生の自由を手に入れるため、不安と向き合い、様々な障害を乗り越え、世の中にない特殊な家ではなく自分らしい特別な家をつくるために一緒に戦うパートナーになりたいんです。

だから、すごくカッコいいデザイン性のある家や圧倒されるほど立派で豪華な家をつくることを目的になんかしていないんです。
もちろんそれはそれで素晴らしいことだけど僕たちの価値は全く違うところにある。

普通の人で、特に家づくりに興味のない人
興味はあるけど自分らしい暮らしなんてあきらめている人
住む人と暮らす家がつながっていない人。
そんな人たちにこそ伝えていきたい。

リノベーションは人生を豊かにする最高のツールであると。
カッコイイ空間をつくることではなく、住む人の人生を豊かにするのがリノベーションであり、本当のリノベーションは人を幸せにする力があると。

イクシーは一般の人がより豊かでより楽しい充実した人生を送るために、家づくりを民主化したいんです。

すみません、ちょっと熱く語り過ぎちゃいましたね。
よく話が長いって言われるのについつい調子のってまたやってしまいました。
最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。

もし、もっと話が聞きたいなんて奇特な方がいらっしゃればいつでも問い合わせしてください。
お会いできるのを楽しみにしてますね。