安いことは本当に良いことか?

スーパーが「プライベートブランド(PB)」商品をどんどん出して、
安売りしてもいますが消費は伸びていない。
安売り追求には、既に限界が、見えてきています。

予断ですが
少し前に1,000円を切る
980円や880円ジーンズなどが話題になりましたが
今その在庫が大量に余っていてとても困っているそうです。
しかも、生地屋さんや縫製工場、ジーンズメーカーを
叩いて無理をして作らしたものだから
今になってボコボコ潰れているそうです。

「そんなに品質は求めていないから、多少手が悪くてもいいので、
値段を少し安くしてほしい」といった風なことを施主様に
言われることがあります。

ですが、そんな時、私は丁重にお断りさせていただきます。

それでもまだ、
「モノが安いのはいいことだ」とばかりに、低価格路線を取る企業が増えています。
しかし私は大反対です。
価値ある商品を提供しているなら、ふさわしい価格があるべきです。

会社は適正な利益が確保できないと、長続きしません。
特に私達のような建築業は1度工事をさせてもらったら
終わりではありません。

だからこそ
お互いが長く良い関係でいるためにも
適正な価格を維持しなければならないのです。

安売り路線をひたすら追求し
「ほどほどの商品を作ればいい」となると、企業に十分な
利益が残らず、お客様への提案力・企画力・開発力がなくなってきます。

そうするとお客様の生活をよくするようなイノベーションが起きなくなる。
これは施主様・オーナー様、入居者にとっても、不幸なことだと思います。

「安いことはいいことだ」だけでは、いずれその企業はダメになる。
もちろん過分な利益を求めているのではありません。
再投資できるような適切な利益を確保することが、企業にとってもお客様にとっても重要だと考えています。

ただ、「品質はいいけど、高い」だけでは成功できない。
しかし「安いだけでは、大手に勝てない」
このジレンマを私達は乗り越えないといけない。

現場に足を運び、施主様・オーナー様、入居者の声に耳を傾け、
戸建、マンション、店舗など様々な取り組みをしていく。

弊社の持ち味である提案力や品質をうまく活用しながら
その人、その場所にピタッとあったものを提供していく。
ここに私達が、今を生き抜く方法があるような気がします。