不動産投資用の競売物件を賃貸へ

施工費用
220万円
面積
78㎡
築年数
28年
施工期間
3週間
施工地域
神戸市北区
依頼主
個人賃貸オーナー
メディア掲載
全国賃貸住宅新聞

コンセプト

別荘のような安らぎのある家
不動産投資用の競売物件なので、キャッシュフローを考慮した予算内で魅力のある物件にすることができるか?眺望を活かせる、ゆっくりと安らげる空間造り。設備の老朽化、トイレが狭いことをどう解消するか?

ターゲット

30代前後で子供のいない共働きの夫婦。
平日は共働きで疲れているので、休日をゆっくりと過ごせる居心地の良い空間を求めている。将来の子供のため周辺環境も気にしている。

ストーリー

若いサラリーマン投資家様の初めての物件。個人で競売を落とし、リノベーションして賃貸オーナーになるべく弊社へ依頼されました。環境としては神戸市北区の豊かな自然に囲まれ、高台にあるため、眺望は抜群に良い。しかし、築28年の競売物件で残置物も多く、設備の老朽化が激しく、特にトイレが狭いことが問題となった。また、駅徒歩20分で階段5階のため特に年配方には敬遠されがち。
そこで、30代の共働き夫婦をターゲットに「別荘のような安らぎのある家」をコンセプトに設定。オーナー様の熱い想いと共に、この物件ならではの自然・眺望を堪能できるリビングを創り、問題点であった狭いトイレを広くしつつもデッドスペースを有効活用した。建材選びや照明にもこだわった結果、玄関からスタイリッシュな雰囲気で迎えてくれつつも、リビングでは休日を家で過ごしたくなるような安らぎの空間を創ることができました。
結果、当物件は「リノベーション見学会」を実施し、反響も良く、家賃は周辺相場より10,000円以上高かったが、3週間でターゲット通りの30代半ばのカップルの入居が決まりました。また、不動産投資で競売物件を収益物件にするリノベーション成功例として「全国賃貸住宅新聞」に掲載されました。

スタイルテーマ:「スタイリッシュモダン」
カラーイメージ:「安らぎ」「快適」

全体としては、ターゲットである30代前後の若い夫婦に向けて「スタイリッシュモダン」テイストに仕上げました。しかし、刺激の強い色は使用せず、飽きのこない落ち着きのある色を選択。長く快適に住んでもらうために、壁・床材の色・質感の統一感をもたせています。

若い夫婦に住んでもらうために、全体としてはスタイリッシュモダン調に。
カラーはグレイッシュトーンを使い、落ち着いた・快適な雰囲気になるように。

①玄関正面のアクセントクロスに使用 ②トイレの壁全面に使用したデザインクロス ③トイレの床に使用したストーンタイル ④新設のキッチンとカラーを合わせた床のウッドタイル ⑤アクセントクロスとしてリビングの1面だけに使用

リノベーションテクニック

今回の物件では、近隣に水辺もあることも影響してなのか、結露・カビ等の問題があった。数ある湿気対策用建材の中から、オーナー様の予算内で解消できるようセレクトできるのもイクシージャパンの強み。

  • 洋室をつなげた大空間リビング。撤去した壁の上部ダクトスペースを有効活用し、間接照明を設置。
  • この物件の問題点であったトイレの狭さは、玄関側へ拡張して解決。むき出しの下水管を隠すため、タンク背面に壁を造作し、間接照明をセット。
  • トイレの拡張によって玄関側へデッドスペースができたが、そこへ備え付けのの靴箱を新設。正面の廊下デザインクロスと上部の間接照明でインパクトを。

ムービー

間取プラン

  1. 安らぎを演出するリビングの間接照明は両面をやわらかく照らす。
  2. エンボス加工のクロスがトイレの間接照明をより引き立たせる。
  3. 玄関の間接照明は、訪問者をあたたかく出迎え、見送ってくれる。
  4. 半分に間仕切られた洋室は、入口をひとつにして大容量のクローゼットを新設。

リノベーション見学会

この物件は2010年8月28日・29日にリノベーション見学会を実施しました。
当日は不動産投資をされているオーナー様だけでなく近隣に住まれている方も多数来られました。皆様の生の声や反応を実際に聞けたことは、もの創りをしている私達にとってとても重要なことであり、これからの自信にも繋がりました。