彼女を呼びたくなる部屋

施工費用
260万円
面積
45.2㎡
築年数
26年
施工期間
1ヶ月
施工地域
大阪市住吉区
依頼主
個人賃貸オーナー

ストーリー

オーナー様が倉庫に使われていた部屋を賃貸へリノベーションした事例。1階ということもあり、ターゲットを絞って20代後半の単身男性に設定。
築26年の古さを感じさせず、バリューアップを図るために、玄関扉を開けた目の前にインパクトのある木目のR(アール)壁を配置。その内部を寝室にし、上部には間接照明を設置。ユニットバス、キッチン、トイレ、洗面と水周りも全て入換え、スタイリッシュさと快適さを両立させた空間を実現。結果として、相場より1万円以上高い家賃で入居が決定しました。
通常、設計・デザインだけでなく施工まで当社で行うのですが、オーナー様が長年お付き合いのある工務店がいらっしゃるとのことでしたので、この物件はデザインのみさせていただきました。

当社ではいつも物件を創る際には、地域のマーケティングを行い、その物件の良さ(強み=USPと言います)を見つけ出します。次に、物件の強みをもとにしてオーナー様と共にコンセプトを創り上げデザインに反映していきます。最後に、見学に来られた方の記憶に残るようなストーリーを創り上げます。
ドアを開けて→中を見学して→部屋を出る
このわずかな時間の中でいかに良い印象を与え記憶に残すことが出来るかがポイントです。ただし、「ストーリーは点だけでは創れない」という原則があります。
点を繫げて線に、線を繫げて面に、面を立体まで立ち上げて始めてお客様の記憶に残るのです。つまり、お客様にインパクトを与えることは大事ですが、それだけではダメということです。

間取プラン

リノベーション見学会

この物件は2010年4月22日にリノベーション見学会を実施しました。
当日はオーナー様も説明をしてくださいました。