競売物件を投資用賃貸へ

施工費用
160万円
面積
39㎡
築年数
31年
施工期間
3週間
施工地域
大阪市淀川区
依頼主
個人賃貸オーナー

コンセプト

彼女も喜ぶ都会の独身オトコ部屋。
都会でありながら、仕事に疲れた独身男性が安らげる部屋。
そのためにはモダン+リラックスできる空間のバランス重視のデザインが重要。
さらに、彼女を呼んだ時にも喜ばれる水回り設備もポイント。

ターゲット

30代の出張が多いアクティブな独身男性。
新大阪駅へ徒歩5分。出張帰りの独身男性が、新幹線から降りたらすぐに帰って休みたい。休日には、彼女が来てくれて料理を作ってくれる。

ストーリー

新大阪駅へ徒歩5分、築31年の不動産投資用「競売物件」を賃貸マンションへリノベーション。
『彼女も喜ぶ都会の独身オトコ部屋』をコンセプトに、独身男性をターゲットに設定。キッチンとリビングを間仕切ることで、独身男性の生活スタイルに合わせ、エアコン1台で効率良く冷暖房が使えるように配慮。逆に、和室とリビングは一つにすることで、広く居心地のよい空間を確保しました。
彼女にも喜ばれる水まわり設備の充実と、照明と建材を活用したモダンな雰囲気と安らぎのバランスを重視。全体として、築31年の競売物件とは思えない賃貸マンションへと再生することができ、2週間で入居が決定しました。

照明と素材を使った「リラックス・モダン賃貸」

  • 玄関にはシンプルなシューズBOXと下部の間接照明でモダンなインパクトを与える。
  • 撤去した間仕切り上部を有効活用した間接照明が、広くなったリビングをより強調。
  • モダンなスケルトン扉でキッチンを間仕切りながらも空間の広がりを妨げない。
  • 寝室スペースの壁は無垢のパイン材を貼り、森林浴効果でリラックス空間へ。

施工風景

  • 元の間仕切り上部の梁には、間接照明を仕込みます
  • クローゼットの対面に壁一面の無垢のパイン材
  • キッチンとの間仕切りには、スケルトン扉を
  • 押入れをクローゼットへ変更

ムービー

間取プラン

  1. 新設の玄関収納の下部に間接照明をセット。
  2. キッチンと部屋の間仕切りにスケルトン扉でモダンに。
  3. 元の間仕切りを撤去し、リビング全体を照らす間接照明をセット。
  4. 押入れはクローゼットへ造り替え。
  5. ベッドスペースには無垢パイン板の壁で安らぎを演出。

リノベーション見学会

この物件は2011年9月22日・23日にリノベーション見学会を行いました。弊社を通じて、オーナー様同士の交流も生まれる場にもなり、有意義な時間となりました。