イクシーの家づくり

家づくりは人づくりであり、家は人そのものであると考えています。
家は住む人が暮らしながら手を加え、進化させていくもの。
家は購入し、ただ住むだけのものではなく、自分の生活に合わせて作り育てていくことで暮らしに喜びや感動をもたらすモノであると思います。

だから家というのは育てていくものでなくてはいけません。
自分と向き合い、悩みながら手をかけていくことで家は良くなっていきます。
本来、家は住まい手の「らしさ」が出るものであり、住まう人の顔であり人格です。
手をかけた時間が価値になり、手をかけた分愛情がもてる、そんな家づくりを目指しています。

また、どれだけ素晴らしい建築士がいても、どれだけ優れた技術を持った工務店があっても、それだけでは「自分らしい暮らしができる家」はできません。
何より大切なのはお客様がまず自分を知り、どんな時に幸せを感じ、どのような時間を家で過ごしたいのかを理解することが必要です。
そして、お客様の想いを私達つくり手が理解・共有し、設計士や工事監理者だけでなくそこに関わる職人含めみんなで一体感をもってお客様の家をつくることが私達の目指す家づくりです。

イクシーの目指す家づくり3つの特徴とは

  1. リノベーションを通して自分らしさや本当の豊かさに気づくことで、暮らしが楽しくなり毎日の生活がより楽しくなる
  2. 家づくりを楽しみ積極的に参加することにより、自分の家を理解できるからこそ、安心で納得した自分だけの空間を手に入れることができる
  3. 自分らしい暮らしだけでなく将来を見据えた資産形成と、ヒトとの繋がり、モノとの繋がりという見えない価値を得られる