イクシーの店づくり

お店に新しさやインパクトはとても重要です。
ですがお店なので流行ってなんぼです。
どんなに奇抜でインパクトのあるデザインでも、お客様が来なければ意味がありません。
超有名なデザイナーに頼んで、その人の名前だけでお客様が来るということもあります。
ですが通常それも、もって半年ぐらいです。
お店ははじめは小さく徐々に流行っていくのが一番いいのです。
オープンしていきなり雑誌やメディアに取り上げられても、オペレーションが追いつきません。
ウワサを聞いて来たお客様は期待のハードルが上がっているため、せっかく足を運んでくれても満足させることが難しくなり、リピーターになってもらえません。

ましてやメディアを見て来るお客様は、また新しいお店ができたらそちらにいってしまいます。
結果的に、オープンして1年以内に運転資金が底をついてしまうという厳しい現実に直面することが多いのです。
小さく地道にコツコツと自分のお店のファンを増やしていくことが、実は一番長くお店を続ける方法であり近道なのです。
お店も会社も継続することに価値があるのです。

弊社の店舗づくりは基本的に初めてお店を開業するお客様だけにさせていただいております。
理由は弊社のサービスとして、設計デザイン・施工だけではなくブランディング戦略の立案からお店のコンセプト作成、物件のマーケティング相談なども一緒にのることができるため、初めてお店をする方のほうが弊社のメリットを活用しやすいからです。

何店舗も経営されている会社やチェーン展開しているお店であれば、
社内にマーケティング部門があったりブランディングやデザインができる人がいたりするので、
お店のコンセプトがきっちり決まっており、内装デザインからロゴ、ショップカードのような販促物まで、
統一されたデザインイメージや戦略を持っているため施工だけでも良い時があります。

ですが、初めてお店をオープンする人は
お客様に対する情熱や提供できる専門技術やサービスは持っていても、
お店を経営していくプロとしては偏った知識しかない方がほとんどだからです。

大切なことは、
良いお店をつくることと、売れるお店をつくることとは別の文脈にあり、
良い商品やサービスを提供できることと、お店の経営ができることは全く違う能力ということを理解しておかなければなりません。

私たちは店舗づくりにおいてお客様の解決策を共に考えるパートナーであり
自分がやりたい表現をするデザイナーやアーティストではいけないということです。

イクシーの店づくりの特徴

  1. 不動産マーケティングの視点から物件の地域性、客層へのアドバイス、また場合によっては開業プランや事業戦略、資金計画のお手伝いもします
  2. コンセプトを軸にROI(投資対効果)を考え、内装はもちろん、商品からWEBサイトや販促ツールにいたるまで統一感をもたせ、収益性と持続性をマネジメントしたデザイン提案をします
  3. 設計から施工までを1社で手がけることでクオリティーとコストのコントロールを同時におこない、お客様にとってコストパフォーマンスの高いベストな価値を提供します

お客様のビジネスプランを重視し、限られた状況の中でバランスのとれた息の長い「普通でありながら特別なお店づくり」を一緒に目指します。