Exi-japan Co.,Ltd

イクシーの想い

こんにちは、建築カタリストのコマツです。僕が代表を務めるイクシージャパンでは、住まいや店舗、投資物件、様々な空間づくりをお手伝いしています。

リノベーション専門の建築会社として創業してから12年、物件数でいうと900件以上のお仕事をさせていただきました。それぞれの物件には、必ず持ち主・オーナーがいらっしゃいます。住まいなら一般の方、店舗なら店長またはオーナー、投資物件なら不動産会社や投資家の方。みなさん、年齢、性別、立場は様々ですが、僕と二人三脚でより良い空間づくりに取り組んでくださいました。
今、このページをご覧になっているあなたも、そんなオーナーのひとりかもしれませんね。

住まい、店舗、投資物件。空間の種類に関わらず、僕が他でもない「あなた」に対して提供できることが二つあります。

一つめは、ヒアリングから施工まで、僕自身がすべての責任を持って行うこと
二つめは、あなた自身の中にある「ルールと基準」を見つけるお手伝いをすること

まず一つめの、僕自身がすべての責任を持って行うことについてお話しします。
現在、日本の建築業界では分業化が進み、デザイン・設計・施工のそれぞれに特化した会社が各自のパートだけ請け負うのが一般的です。そうすることで専門性と品質を高め、リスクを分散し、結果としてコストを軽減してきました。
これは新築だけではなくリフォーム・リノベーションも同じで、自社での設計・施工と謳っていても実態は協力会社に委託していたり、管理もせず職人に丸投げしていたりするのが現状です。

そのため、ヒアリングから設計・施工まで責任を持ち現場で指揮を執る、僕のような建築士は滅多にいません。

分業体制は多くの人が求める平均的なスペックの空間を手間をかけずに建てるには有効ですが、特定のオーナー、つまり「あなた」の望みを叶えるのには向いていないと僕は考えます。

さらに分業体制では効率良く仕事をこなすために、提案する選択肢を少なくしたり、手間のかかる作業はしないと決めておくことが往々にしてありますが、それらはオーナーのためではなく、僕ら建てる側の都合です

僕は、こうした建築業界の現状に満足していません。

手間を惜しんだ平均的でありきたりな空間より、オーナーの望みの詰まったカスタムメイドな空間の方が遥かに魅力があることを、これまでの経験で知っています。
ですから、僕自身がすべてのコントロールを行うことで、膨大な選択肢の中から最適な方法を選び、施工を工夫し、出るゴミを減らし、分業に劣らないコスト軽減を目指すやり方を選ぶことにしました。

次に二つめの、あなた自身の中にある「ルールと基準」を見つけることについてお話しします。

今の建築技術は、特別な人にしかできない特殊な技術や手法はごく稀になっています。予算と時間さえあれば、あなたの望むほとんどのことは叶うのです。
ですが、選択肢が増えた分、たくさんありすぎて選べない状態であることも事実で、僕は無数の選択肢の中から取るべき方法を選ぶ際に、あなたのための検索エンジンになります。例えば「この予算内でなら、これだけの方法があります」とご提案しますし、それぞれの方法について理解していただけるまで、とことん説明をします。

ただ、僕が提案した方法からどれを選ぶかは「あなた」が決めてください。

そのためには、あなたがどんな優先順位で物事を決めるのか、何を最も大切だと思っているのか、あなた自身の「ルールと基準」がなければなりません。

このルールと基準には人それぞれ違いがありますし、唯一絶対の正解もありません。自分らしさや自分にフィットした暮らしってなかなか分かりづらいですよね。誰だって自分のことは分からないものです。

これらは日々の生活を送るうちに自然と身についたものであるために、自分ではそうと自覚していないことが多いのです。だからこそ建築カタリストとして僕が相談にのり、コンサルティングをすることで自分への理解を深め、あなた自身の基準をもてるようにお手伝いするのです。

僕と、住まいでの暮らしや店舗の経営、不動産投資について、またそれらの空間づくりについてお話しするうちに優先順位や好みに気付き、「私にとって大切なのはこれだったのか」と、あなたの中に形作られていたルールと基準を改めて発見することになるでしょう。

あなた自身のルールと基準を自覚しておくことは、あなたが今後人生の様々なシーンで重要な選択や判断を迫られた時に、きっと役に立つと僕は信じています。

僕は、僕と一緒に空間づくりをする中で、これまでお話しした二つを提供すること、そして、より良い空間を手に入れていただくことをあなたにお約束します。

2019年12月
建築カタリスト
コマツ ユウキ